雑記

音楽と内省

_

どうせ先が無い生なら今すぐにでも終わりにしてしまおうかと考えていましたが、向こう側––––自分の避難場所になっているモノ達を作っている人達がいる世界––––に行くことが諦め切れなくて、短い時間を燃やして何かしてみようと思いました。 知識も感性も乏しいですが自分が考えたことを文章にしていこうと思います。